• アプリで活用が進むGoogleMapsAPIに登録

    GoogleMapsAPIは、GoogleMapsをWebサイトへの表示やアプリ開発に利用できるサービスです。
    最近はこのGoogleMapsAPIを利用したサービスが数多く登場しています。

    例を挙げるとタクシーサービスのアプリがあります。
    Map上で場所を指定して、タクシーに迎えに来てもらえるのがこのアプリです。
    さらにアプリが優れているのは、指定場所がわかりづらかった場合は会社側のオペレーターから電話があり、再び配車の場所の調整ができるようになっているところです。

    GoogleMapsAPIの登録が最近こちらで話題になっています。

    外出中の移動手段として、タクシーの利用を拡大するする可能性を秘めています。これ以外にも、飲食系のwebサイト上やアプリにもGoogleMapsAPIは活用されています。エリアやラーメン、カフェなどキーワードから検索すると、サイトに登録されている店舗が地図上に表示されます。

    そこから店舗のメニューや口コミなどを見ながら、店舗を探していく仕組みです。

    Yahoo!知恵袋情報はどれが良いのか悩んでいる人の参考となるサイトです。

    このようにアプリに利用されているGoogleMapsAPIは、個人の店舗にも導入するメリットも極めて大きいと言えます。


    サイト上に配置してマーカーを付け、店舗の場所をはっきりと示すことができ、お客さんにとって自動の案内者となってくれるものです。

    GoogleMapsAPIは、基本的に登録後無料で使用できるサービスです。



    利用方法も簡単で、Googleアカウントに登録して、APIキーを手に入れると誰でも使用を始められます。料金が発生する条件は1日に25000回を超える読み込みがあり、その状態が90日間以上連続して継続する場合に限られます。